《ティッシュ配りのバイト募集Best3》意外と高時給で働きやすい!

時給も高く日払いや働きたい時に働ける登録制もあり。人気のアルバイト募集サイトベスト3

実際のティッシュ配りバイトの流れやコツは?

バイト応募から開始までの流れ

 
WEB等から申込みすると、申込みした会社から登録会場の予約の案内などが届きます。
登録会場に行く予約をして、事務所に行ったらあとは説明受けて空いてる日など勤務希望をやり取りして終了です。
時間帯や仕事の空きがあれば、即日勤務も可能です。
 
一度登録すると登録会社の専用WEBかメールで募集日などが届いて応募する流れです。
 

うまく配れる、もらってもらうコツはあるの?

 
ティッシュ配りバイトの体験談の中でのコツをまとめると2つポイントがあります。
 
・リラックス感
・渡し方
 
 
それぞれについて説明していきます。

・リラックス感

最初は難しいかもしれませんが、緊張せずに自然体でいることが重要です。
「もらってくれ〜」のオーラが出てるともらいにくい感じがするんでしょうね。
 
軽く会釈で「どーもーお願いしまーす!」や女の子ならちょっと笑顔な感じで警戒心無く、良い意味で空気に溶け込むともらいやすくなることが多いです。文章にすると難しいけど、慣れると自然と緊張感が解けてコツがつかめてくるのでそこまで心配する必要はありませんよ。
 

・渡し方

コツとして取り上げた中で多かったのが渡し方。
 
NG:上から下に渡す
OK:下から上に渡す
 
たぶん、本能時というか反射的に上からくるものに対して警戒心をもってしまって受け取りにくく感じる傾向があります。
下から上に手が伸びてくると自然と受け取りやすく感じます。
 
 
けど、実際そんな事気にせず難しく考えずに慣れてしまえばできちゃいます。
また一緒に配る人で経験者や上手に配る人を観察すると自分との違いが見えてきて真似すれば同じように配れるようになりますよ。
 
 
 

ティッシュ配りバイト体験談

 

バイトの詳細を教えて下さい!

 
今から3年前の夏に福岡市中央区天神の交差点でティッシュ配りのアルバイトをしました。 7月から8月にかけての毎週土曜日と日曜日の午前9時から午後6時まで、一時間の休憩を挟んで実働8時間でした。 日給7,500円で、また、それとは別に交通費が一日300円まで支給されました。 そのティッシュはあるインターネットサイトの宣伝用でしたが、人材派遣会社が業務を請け負っていましたので、 面接はその人材派遣会社で行われました。
 
面接は2人ずつ同時に行われ、また私たちの前後にも面接を受ける人たちがいました。 面接の際には、夏の間、週末に必ず仕事を行えるかどうかを確認されましたが、それ以外は特に何も尋ねられませんでした。 履歴書を持参していましたが、会社の用意した所定の用紙に個人情報を記入して、その場で即決でした。 アッサリ決まったという感じです。
 
 
バイトに応募したキッカケは?選んだ理由
 
当時アルバイトで働いていた飲食店の経営状態が思わしくなく、仕事時間が減らされて収入が減り、掛け持ちで行える仕事を探していました。 ちょうど、週末が空いていましたので週末に行えるなるべく時給のいい仕事をインターネットの求人検索サイトで 見つけて応募しました。
 

実際にやってみた感想は?体験談を教えて下さい!

 
時間によって、気温や湿度また太陽の照り具合が変わるので、過ごしやすい時間帯とそうでない時とがありました。 私が任された交差点は、午前中は日陰でしたが、午後から日なたになり少し暑かったです。
 
ティッシュは最初なかなか受け取ってもらえませんでしたが、コツをつかむと楽しくなってきました。 ティッシュを持った手を、相手に向かって上から差し出すのではなく、下から差し出すと受け取ってもらえる確率がグンと高くなりました。
つまり、ソフトボールのアンダースローのように、手を差し出すのです。 また、軽く会釈しながら相手に近づくのも効果的です。
 
 
アルバイトはおすすめできる?総合評価は?
時間のある方には、オススメです。
地域によって時給は違うと思いますが、ワリがいいと思います。 立ちっぱなしなので、多少体力がいりますが、一日中人通りの多いところで仕事をするというのは、 なかなか楽しいと思います。 皆さんぜひ一度お試しください。 

関連ページ